読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つまんない就活生になってる疑惑

昨日の記事をふと思い出して、「わたし既につまんない就活生になってる!」と思いました。

ただ、「仕事が欲しいです!」って言ってるだけの人なんていやだー!

何がしたいのか、何ができるのかはっきりさせなさいよ!と自分に突っ込みました。

 

でも自分に対する突っ込みに答えられない。

なので、今日はコンピューターサイエンスを学んだあとの就職についての疑問を投げかけます。だれかの目に留まることを祈りながら。

 

その1:IT業界ってくくり広くない?

日本の友達と話してると、「卒業したらIT業界就職するのー?」って聞かれると、ちょっと詰まる。だって、くくりが大きい!

自分が新卒で就活したときは確かにIT業界というくくりがあった。でも、いま改めてIT業界と言われると、「はて?」と思う。IT業界といっても、ハードも作ってるところもあれば、ソフトだけやってるところもあるし、IT業界以外の会社にもシステム関連の部はあるから、そっちの就職の可能性もあるし。

海外でいうTech業界っていうくくりも同様に広いよね。でもなんとなく、昔からある大きい会社(BTとか)は含まれないイメージを勝手に持ってる。

 

その2:職種どう選ぶの?

中途のひとは、自分の前職を元に職種選べると思うのですが、

日本で新卒でIT系に就職する人は、どうやって職種を選んでるんですか?

フロントエンド、サーバーサイド、バックらへんの区切りはわかるんだけど、その周辺に無数に仕事があるように思えています。

新卒のひとたちは、それぞれの職種の違いをどうやって知ってるんですか?

 

ざっくりこの二つが疑問です。

ちょっとずつ実際の求人を見ながら考えていく必要がありますね。

(冒頭に書いた自分に対する突っ込みは、いまだ解消できず)